【違うって、楽しくて疲れる。】3年目の島娘が大都会に行ったらわりと心を消耗したので、傾向と対策をまとめてみた

公開日: : 最終更新日:2016/01/05 ひとりごと

東京に行ってきました。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-02-TSU88_awaitoykyo500-thumb-1000xauto-5997

普段コンビニも無い離島で自然に囲まれて暮らしている私ことせきこ。

ここ数ヶ月で何度か東京に行く機会がありました。

が、楽しいことも沢山あった反面学びや気付きも多くて。

ということで、今日はそこで感じたちょっとした出来事を書いてみようかと思います。

 

大都会東京、日本の首都東京。

普段島ではさぼりがちな化粧もバッチリで、めかして行きました。

\うかれて元気なわたし!/

上野動物園!

ディズ●ーランド!

島ではよくも悪くも強い刺激には触れない生活なので、テーマパークも観光名所も一通りキャッキャウフフしました。

超楽しかった。

 

 

けれど段々感じた異変

ゲーム画面

「つかれる。」

 

なーんか肩が重いなあ。頭がいたいなあ。気分が沈んできたなあ。

そう、せきこつかれてきたの。

いわゆる「人酔い」というやつですね。

しまいには、カフェの椅子に座っているのに、涙がツーっと頬を伝う。

あ、私ストレスで涙出てきた…。

 

大学時代には就職活動でも割と東京に行っていたと思うんだけどな~。

島に来る前は福岡の天神でOLしてて、職場から歩いて10分でパルコだったんだけどな~。

耐性が全く無くなってしまったみたいです。

一緒にいた彼には悪いことしました。おそらく傍から見たら喧嘩して泣かされた彼女でした。(ゴメン)

 

分析してみた

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK42_syachikunoannei1323-thumb-1000xauto-16381という訳でなぜこんなに疲れたのかを考えてみたところ、原因は4つ。

この4つのうち3つ以上揃うと調子が悪くなるみたいです。

【1】人が多い

→無意識に雑踏で人間観察する癖があるようで頭がつかれる。

「人はみちゃだめだよ、看板とか建物を見たら大丈夫。」と言われるも撃沈。

電車のホームでも人の多さに圧倒。なんじゃあの電車の長さ!

【2】せまい

→薄暗い屋内テーマパークとか天井の低い感じが苦手らしい。

押入れとか、隙間がドラ●もんやハムスター並みに大好物なので、べつに狭所恐怖症という訳ではない。

けど、あれは苦手だったな~。

【3】くさい

→排気ガスの匂いとかゴミの匂いだけでなく「人ごみの匂い」がだめだったのかなぁ~。

【4】うるさい

→基本的に低めの音は大きくても大丈夫、というか吹奏楽やバンドでも中低音萌えなのですが

高い音の大きい音はやっぱりダメだった。人の話し声が街中に響いてモワワワ~ンとするのもダメ。

そして行きたくなってきた所

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-ELL82_sakudekugiraretayuuhodou-thumb-1000xauto-15516「どこ行きたい?疲れないところ行こうよ。」

言われて考えてみました。私なにしたい?

お部屋でねっころがって、ごろごろしたい。ゲームしたりテレビみたりしたい。

池とか木がある、公園行きたい。

とりあえず、人が少ない所行きたい。

というわけで「疲れるところには行かない」という最強の対策をいたしまして、それからは楽しく過ごしました。超楽しかった。

(心配かけてごめん、楽しかったよありがとう!)

 

対策としてやってみた3つ。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-C789_yousyogaokaretatana-thumb-1000xauto-14995それでも人が沢山乗った電車に乗ったりしなきゃいけないので。

それからは乗り物では広告を凝視したり座れたら本を読んだり。音楽を聴いたりして周りに意識を向けすぎないようにしました。

 

良いとか悪いとかじゃなく「違い」の負荷を認識する。体感する。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-UNI_naritakoukuu15061952-thumb-1000xauto-14710別に「都会は時々でいいや!こりごりだぜ!」な事を言いたい訳ではないんです。

田舎では無い展覧会やお店は羨ましいし、情報も早い。楽しく刺激的な部分もあるしここで働けたら成長すると思う。

都会と田舎どっちが良いかは人それぞれだし、その人が今どちらの環境を必要としているかもその時で変わって来ると思うんです。

 

ただ、これだけは思いました。

「環境の違い」は負荷だ。

 

今回私は田舎から都会に行って色々疲れちゃったけど、同じようにずっと都会にいた人が田舎に来た場合も疲れちゃうんだと思う。

その原因は分からないけど、例えば甑島に来て「何も音がしなさすぎる」とか「宿の設備が都会のホテルと違う」とか「便利さが無い」とか「山が近すぎる」とか。「海が近い!」とか自然の豊かさも人によっては疲れちゃう可能性もゼロじゃないと思うんです。

 

旅行に行くって普段の自分の生活から違う所に行って、その違いを楽しむという行動ですよね。

だけど、「環境の違い」は大きくとも少なくとも心に負荷になるのも確かなんだと思います。小さければ気にならないし、その「違い」が旅行の楽しさな訳だけど、大きいとストレスに感じちゃう。

なのでどこかに旅行に行く時には、いつもの香りだったり音楽だったり好きな本だったり、それぞれの「疲れちゃった時対策」を準備して備えることで、もしストレスを受けても普段の自分に近づいてより旅行を楽しめるんじゃないかと思いました。

 

でもやっぱり楽しかった~。

旅行っていいね!

(普段観光案内所でお客様を受け入れてばっかりだけど、やっぱ旅行楽しい。)

The following two tabs change content below.

せきこ

下甑島地域おこし協力隊
旅行代理店を経て東シナ海に浮かぶ下甑島の地域おこし協力隊に。 観光案内所のスタッフと観光商品や特産品の開発をしつつ、観光と地域の良い関わり方を模索中。

関連記事

DSC04910

「私」と周りの関係性を立体で考えてみた~都会は多面体、田舎は球?~

まずは、しばらく小芝居にお付き合いください。 イントロとして、こんな場面を思い浮かべてみてください

記事を読む

162936091_624.v1419345704

【意外と違う】都会と離島のクリスマスの違い3選(下甑島の場合)

クリスマスの季節がやってきました 2012.12.09 みなとみらい クリスマスマーケット

記事を読む

IMG_2487

秋の高い空には、豊作豊漁を願う祝詞がよく響く

 下甑島の秋祭り (イメージ:Wikipesiaより都井岬の馬) 「天高く馬肥ゆる秋」

記事を読む

ブログを始めて1年。嬉しい誤算が起こりました。

空が綺麗な夕焼けをしていた先日、カメラを天に向けて蚊に刺されながら写真を撮っていると

記事を読む

218411631_624

【年末備忘録】地方創生の舞台でチヤホヤされ他者からのラベルを「自分」だと勘違いして楽して生きていたせきこが、四苦八苦して主語を「自分自身」に戻せた話

もうすぐ年が明けますね。 自分のために、2015年の振り返りをしようと思います。

記事を読む

着地型観光に携わる人は旅に出て、ヨソモノ(観光客)になりに行けばいいかも

旅行に行く時に、情報がネットで出てこないと行く気萎えちゃいますよね。 今度、少し遠い所にお

記事を読む

10411821_674441102646487_3845568458634492984_n

【私の鹿屋滞在記】地域おこし協力隊はそれぞれ、非なるけど似ている

鹿屋に行ってきたよ   先日、とある縁で知り合った素敵なお姉さんを訪ねて、

記事を読む

IMG_2983

切りたての杉のうっとりするような瑞々しい香り、嗅いだことありますか?

突然ですが、生まれて初めて切りたての杉と対面しました この見事な杉は、今私が取り組んでいる

記事を読む

865458922_230dada2da_z

地域おこし協力隊として離島一人暮らしをしている20代前半女子が2014年に買って良かったもの5選

こんにちは。せきこ(@sekimihoko)です。 突然ですが、 なんだか面白いことになって

記事を読む

PPW_memocyoutosya-pen500

離島で暮らして一年で起こった出来事をまとめてみた。【2013年初めての離島一人暮らし総括②】

      2013年をまるっと振り返りたか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 鹿児島大学⇒旅行代理店⇒薩摩川内市下甑島地域おこし協力隊。観光商品や特産品の開発が主な業務内容。着地型観光と地域の良い関わり方と、それで自分が稼いでいく方法を模索中。
    ここは、地域の魅力を時に真面目に、普段はゆるーく伝える個人ブログです。

    ◆くわしいプロフィールはこちら


  • follow us in feedly
  • Instagram