化石へのとめどなく溢れる愛が止まらない化石ガール(解説員さん)がやって来た!

太古の息吹を感じる化石。

petrification-5684_1280

化石とは、過去の生物の体または生活の痕(あと)が地層中に保存されたものです。

貝殻、骨、葉、微生物の骨格など様々な生物の体の化石があります。

(中略)

 

化石は、その生物の情報だけではなく、生命の進化、大地のおいたち、地層の時代、化石が生きていた時代の環境など、様々なことを語ってくれます

化石とは何か 化石のでき方 – 第42回特別展大化石展より

人類が地球上に誕生するはるか昔、何千年、何万年、あるいは何億年という長い年月がかかってできた化石。

ロマンを感じますね。

そんな化石と下甑島北端の集落、鹿島。

アクアス島内ツアー2先日国定公園にも指定された鹿島の断崖。その断崖を構成しているのが、中生代・白亜紀後期の約8,000万年の地層で姫浦層群(ひめのうらそうぐん)と呼ばれています。(甑島の白亜紀から古第三紀層にかけては地層が平成21年5月に「日本の地質百選」に選定されているそう。)

そんな下甑島の北端、鹿島ではなんと化石が沢山発掘されているんです。

肉食恐竜や、アンモナイトやワニ、貝だけでなくなんとアジアで3例目という珍しいケラトプス類の化石も見つかりました。

なので、薩摩川内市の鹿島支所には化石の展示スペースがあります。

DSC0632910

大きな恐竜のパネルもあるのです。

DSC0633010

場所はここ。駐車場もあります。(役場なので、土日祝はお休みです。)

ただ、今までは展示と解説があるだけなのでちょっと難しい。

解説文を読んで情報を頭に入れることで「ふむふむ」となっても、なかなか次の「おお~」という感動や「わあ!」という驚きの段階にはいきづらかったんです。

ですが、ですが…!!

化石ガール、キター!

DSC0632810

 

こちらの笑顔が素敵な女性が、今年度から鹿島支所に赴任された三宅さん。

後ろのポスターは三宅さんが大学院の時に行なった鹿島の化石に関するポスターセッションの資料です。

そう、鹿島の化石を研究なさっていた専門家!!!

「鹿島に素敵な化石に詳しいお姉さんがきたらしいよ」という言葉を聞きつけ、早速訪ねてみたところ「ぜひ!」と詳しい解説をしていただきました♪

感想は…「鹿島の化石、すごい!!!」の一言に尽きます。

やっぱり文字を読むだけでなく、三宅さんの熱い化石への愛がこもった解説がはいると驚きや感動が直接伝わってきます。

 

せきこ

「三宅さん、ここの展示されている化石の中で一番三宅さんが『萌える』化石はどれですか?」

 

三宅さん

「えーっとですね、どれも素敵なんですけど特にこの貝、アピオトリゴニアかこっちのイノセラムスの、ここが…!」

「アピオトリゴニア属のイムテンシスって、ここ鹿島の『藺牟田(いむた)』が名前の由来なんですよ~!」

「普通化石って貝がそのまま石のようになっていると思うんですけど、貝殻はそこが腐って風化してしまって。

 痕が残っているのでそこにこういったものを流し込んで型を採るんです。」

「海の生き物の化石と陸の生き物の化石が、ここは両方出るんですけどそれって珍しくって貴重なんです。

 なんで貴重かというと海の生き物って陸の生き物に比べて、海流に乗って広い範囲に分布していて。

 それが世界で地層の年代を決める基準の一つになっていて。

 両方出るっていうことは、それに伴って陸の生き物の生きていた年代も特定しやすくって…!」

 

…あふれ出る知識と愛!

DSC0632510

 

観光でいらっしゃった方への展示解説は、ツアーのお客様や個人の方にも大好評!

屋外等で化石の調査もされるらしく、支所以外にいらっしゃる場合もあるので「三宅さんの解説を聞きたい!」という方はお問い合わせされるのがオススメです♪

薩摩川内市教育委員会鹿島教育課→TEL:09969-4-2524

素敵な笑顔と化石の奥深さに出会ってみてください★

DSC0632610

The following two tabs change content below.

せきこ

下甑島地域おこし協力隊
旅行代理店を経て東シナ海に浮かぶ下甑島の地域おこし協力隊に。 観光案内所のスタッフと観光商品や特産品の開発をしつつ、観光と地域の良い関わり方を模索中。

関連記事

aDSC02358_Rr_Rr

【動画紹介】鳥のような目線から素晴らしい景色を満喫!「鹿児島 下甑町瀬々野浦シリーズ」。

  どんな映像? 私がこの前たけのこ料理をご馳走になった民宿浦島さんを中心に、下甑島の

記事を読む

30IMG_9083

青い町の、青い宝石の道

青い町、青瀬。 海の青、空の青。 下甑島の青瀬集落はその名があらわす通り、いやそれ以

記事を読む

IMG_6194

【癒されスポット】いつもは15分滞在の瀬尾観音三滝を1時間かけて思いきり楽しんでみた

 瀬尾観音三滝(せびかんのんみたき)って? 下甑島の瀬尾地区にある滝。「瀬尾の観音三滝の水

記事を読む

aDSC02388_Rr_Rr

キラキラ光る、砂の浜

それぞれの土器、違いはわかる? 下甑郷土館では、地域の民具や歴史的な展示物などを数多く展示

記事を読む

IMG_2487

秋の高い空には、豊作豊漁を願う祝詞がよく響く

 下甑島の秋祭り (イメージ:Wikipesiaより都井岬の馬) 「天高く馬肥ゆる秋」

記事を読む

IMG_6544

【特徴は?範囲は?】5分でバッチリ分かる!甑島国定公園まとめ

甑島、国定公園になったよ。 私の住んでいる下甑島を含めた、甑島列島(上甑島、中甑島、下甑島

記事を読む

image

【鹿児島未来170人会議】ワクワクとアツさが漂う超豪華「協働」イベントに参加してきた

鹿児島未来170人会議って? 鹿児島未来170人会議とは鹿児島県主催(NPO情報発信・交流

記事を読む

DSC04701r

船旅は島旅の第一印象!離島在住の私の実体験に基づいた船酔い対策14か条

地域おこし協力隊の私は、市の嘱託職員ですが、事務所は観光案内所にあって観光客の人に多く接します。そこ

記事を読む

玉石アートチラシ1205(両方)

【簡単!綺麗!楽しい!】甑島の玉石アート体験で世界に一つだけの宝物を作ろう♪

玉石(たまいし)って? たまいし【玉石】 ①川や海岸などにある丸い石。石垣・庭などに使う。丸

記事を読む

IMG_9548

【台風一過】島という限られた土地だからこそ。

今まで2年半住んでいて初めてまともな台風直撃でした。 島の人達も「こんな大きな台風、ほ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 鹿児島大学⇒旅行代理店⇒薩摩川内市下甑島地域おこし協力隊。観光商品や特産品の開発が主な業務内容。着地型観光と地域の良い関わり方と、それで自分が稼いでいく方法を模索中。
    ここは、地域の魅力を時に真面目に、普段はゆるーく伝える個人ブログです。

    ◆くわしいプロフィールはこちら


  • follow us in feedly
  • Instagram