【wordpress 備忘録】フォントを見やすく変える方法

公開日: : 最終更新日:2014/06/25 島と世界を繋ぐwordpress

 

私はこのサイトをWordpressのSTINGERというテーマで作成しています。

1回テーマのカスタマイズのデータが吹っ飛んじゃって青くなったので、カスタムしたことをメモしておきます。

 

完全に自分のためのメモとなっていますが

私と同じ事態になってしまった人にちらっと参考にしていただけたり、

ここはもっとこうした方がよいよー。というアドバイスをいただけるかなー、と思って

非公開ではなく、敢えて公開にします。

 

 

サイトの変化

無題

 

無題5

もともとは、こんなフォントでした。

ちょっとガシガシしていて、なんだか見づらい・・・。

そこで、見やすい「メイリオ」に変えることに。

 

編集後がこちら

 

 

無題4

無題6

 

 

うん、滑らかで見やすくなった!!

(そもそも、既にこの日記から、本文がメイリオになっているのだけれど)

 

 

変え方

えけこのくるるさんを参考に

管理画面の「外観」→「テーマの編集」→「スタイルシート(style.css)」から、fontfamilyの所のコードを下記に置き換え。

 

* {

font-family: “Lucida Grande”, “segoe UI”, “ヒラギノ丸ゴ ProN W4”, “Hiragino Maru Gothic ProN”, “メイリオ”, Meiryo, Verdana, Arial, sans-serif;
}

 

私が使っているchromeでも、ちゃんとメイリオになりました。

(おそらく環境によって、ヒラギノやVerdana、Arialなどになるのかな。)

フォントってすごい。

今私は地域の地図を作っているんですが、フォント一つで印象も見やすさも全然違う!

 

 

これまで「ゴシック、明朝、教科書体」ぐらいしか意識に無かったけれど

地域おこし協力隊として下甑島に来て

チラシやポスターを作るようになって、フォントの力を知りました。

 

見てもらいたい人に、見てもらえるように

伝えたい内容や雰囲気がより伝わりやすいように

フォントだけでなく、色、配置、様々なことに気を配っていかなくてはいけないな、と再確認。

 

 

 

 

 

この方法はSINGER3(version20131217)で使用しているものです。また、この方法を使用してデータが消えてしまったり、変になってしまったりしても責任は取れませんので、ご了承ください。

The following two tabs change content below.

せきこ

下甑島地域おこし協力隊
旅行代理店を経て東シナ海に浮かぶ下甑島の地域おこし協力隊に。 観光案内所のスタッフと観光商品や特産品の開発をしつつ、観光と地域の良い関わり方を模索中。

関連記事

タイトル

【WordPress備忘録】ヘッダー画像の処理と設定方法

    私はこのサイトをWordpressのSTINGERと

記事を読む

【WordPress備忘録】Instagram連動のギャラリーをつくる方法

私はこのサイトをWordpressのSTINGERというテーマで作成しています。 1回テーマの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 鹿児島大学⇒旅行代理店⇒薩摩川内市下甑島地域おこし協力隊。観光商品や特産品の開発が主な業務内容。着地型観光と地域の良い関わり方と、それで自分が稼いでいく方法を模索中。
    ここは、地域の魅力を時に真面目に、普段はゆるーく伝える個人ブログです。

    ◆くわしいプロフィールはこちら


  • follow us in feedly
  • Instagram